最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2006年6月 | メイン | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

恒例の小型化ですよ。

昨日購入した#8729トーア・ヌパルを、いつものように小型化しましたよ。09jnhero
当然のように原形を留めていませんが、気にしてはなりません。

素立ち。6zhjgofi
武装はほとんど手をつけず移植。肩ごしシューターもそのままです。

アップ。Tegoiy4e
マスクは兜として使う予定でしたが、
微妙に小さかったので仕方無しにスパイクアーマーとして流用。


他の画像はこちら(Brickshelf)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=196945

2006年7月30日 (日)

トーア・イニカですよ。

先頃発売された、トーア・イニカの#8729トーア・ヌパルを購入しましたよ。5mqciedt
多分何個も買わないので色や付属部品を適当に吟味した結果、
黒の人にしました。

顔のアップ。Giqhnrpw
トーアなので「いいもの」だと思うのですが、それはもう「わるもの」な顔つき。
そしてマスクを取ったらぬっぺらぼうです。

肩ごしの「へんてこボールシューター」はピラカの物とは違い、
ロボピッチャみたいな弾倉付きで、連射ができるので楽しさ大幅アップ。

「光る武器」と「へんてこボール」。Pmvebvrb
光る武器はスイッチを押すと中心が赤く点滅をはじめ、再び押すと止まる仕組み。
(訂正:一定時間点滅した後、自動的に消灯する仕組みでした。)
電池交換式なので遊び倒しても大丈夫。

最近のクリエータにしろこのセットにしろ、
光り物(他)パーツの電池交換ができるようになったのは良い傾向ですね。
(そもそもいらないという説もありますが…。)
電池不交換式のパーツでクレームが殺到したのかもしれません。

「へんてこボール(正式名称:サモラボール)」は、
それぞれのセットに色が何色かあり、それがランダムで入っていますが、
どの色が入っているかは箱の外から見られるので
欲しい色の物を確実に買う事が出来ます。

ボトルが異様に大きかったり、値段がやけに高くなったりと、
やや迷走気味のトーア連中ですが、
面白さげな部品も多く割と楽しいセットでした。
あまりバイオニクルに興味の無い人も試しに買っても良いかもしれません。

2006年7月29日 (土)

とかげ弓ですよ。

弓で戦うメカを作ってみましたよ。T27ibwhx
構え方がやや変ですが、体格的にこれが限界です。


後ろから。Yzyedrur
構えている分を合わせても、たったの4発という弾数。
全部射尽くしたら後は弓で殴るしかない無謀な仕様。


弓。Khvcizob
弓はダイノアタックのリザードさん製、繋げるのにやや難儀しました。


他の画像はこちら(Brickshelf)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=196607

2006年7月28日 (金)

07/15〜07/21に読んだ本の記録ですよ。

つきはう、今日も情報価値の皆無な記録、23回目ですよ。

「無月ノ橋 居眠り磐音 江戸双紙」
佐伯泰英 双葉社 352頁
家族の蔵書

「探梅ノ家 居眠り磐音 江戸双紙」
佐伯泰英 双葉社 352頁
家族の蔵書

てりてりと読み進めてゆきます、話が大きく動きだしつつあり、
ものすごく続きが気になるのですがこの先はまだ買っていないらしいです…。

「魔女の死んだ家」
篠田真由美 講談社 252頁
図書館で借りる

子供が読む事を前提とした本なのですが、それはもう容赦が無いです。
後半に出てくる探偵的存在の人は、どうやらあの人のようです。

「τになるまで待って」
森博嗣 講談社 320頁
図書館で借りる

へんてこ三人組が事件に巻き込まれて、いろいろ考えるミステリーの3作目。
いよいよシリーズを通した大きな流れが動き始めた雰囲気。
海月さんは相変わらず格好良いです。

2006年7月27日 (木)

モンスターハンター風味ですよ。

弟が昨日の弓の人に続いて、
さらに作り足していたので紹介しますよ。Dpb_zqje
モチーフは「モンスターハンター2」だそう。

弓の人。Rngb2rm3
弓自体はほぼそのままですが、人が大幅に格好良くなっています。

片手剣の人。Eare7q0v
あまり剣のような感じでは無いですが、
どうもこういうやつがあるそうです。

ハンマーの人。99cvdhu3
骨製のこん棒。

双剣の人。Tqhrjus4
なにかの色に合わせたいがために、こんな形にしたそうです。


他の画像はこちら(Brickshelf)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=196102
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=196106
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=195901
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=196107
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=196109

2006年7月26日 (水)

大きい弓ですよ。

今回は弟が作った弓矢の紹介です。Ungjswzd
弦は輪ゴムをねじって1本に見せるという、力技で再現。

後ろから。Jk4lrpgj
矢筒も輪ゴムで束ねただけというシンプルさですが、
割とそれらしく見える不思議。


他の画像はこちら(Brickshelf)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=195900

2006年7月25日 (火)

投げ売りゾイドを組みますよ。

先日、ぶん投げ売りされていたので買ってみたゾイド
ようやく組んでみましたよ。Texfmrgs
作ったのは300円だった「ケーニッヒウルフ Mk2(推定定価2980円)」。
ニッパでざっくり切り離してさくさく作りました。

よく知らないゾイドですが、なかなか格好良いです。
本当は電池で動くのですが、ケチって電池を買っていないので動きません。
どんな風に動くんだろう?

後ろから。Uq26wpmv
背中のキャノンは使わない時は折り畳めます。

そんなキャノンをLEGOメカにくっつけてみました。Ze15falb
接続する穴はポッチとは径が違うのでゆるゆるですが、
なんとか装備できましたよ。
色が合ってませんがそんなには違和感が無いですね。

2006年7月24日 (月)

さらにお遍路(後編)ですよ。

前編の続きです。

後編で残りの4ヶ寺を一気に紹介しますよ。

67番札所「大興寺」Yd4ak9gy
地元の人には「小松尾さん」と呼ばれ、
「大興寺」という正式な名前は全く定着していないという素敵なお寺です。
知らない人が「大興寺はどこですか?」と聞くと、
「そんなお寺はありません」とかえされるとか。


Rix5wewf
本堂に到達するまでに画像のような石段が100段程あり、
足腰に自信の無い人が巡拝するにはにはややハードです。

山門付近にあった観光案内図。Kkgluqll
一見なんの変哲も無い案内図ですが、立っている場所が問題です。



Wv_lgqv0
すぐ前が水路!
これでは近付いて見る事ができません。
これを作った人は視力のがすごく良かったに違いありませんよ。


70番札所「本山寺」Vkpd_7mm




2dywiwmn
本堂までの道のりは短く平坦なのでとても楽に参拝ができます。

このお寺には、
戦国時代、長宗我部元親の軍勢に攻め寄せられて、
侵入を阻止しようとした住職も兵に斬られてしまうのですが、
その際、御本尊の阿弥陀如来が身替わりに斬られて住職を守り、
それを見た兵たちは吃驚して撤退したため戦火を免れたという、
「太刀受けの阿弥陀」なる非常に格好良い伝説があります。

そんなお寺の水場で妙な物を発見。
Xuvxql4b


Xmy6573z
謎のずぼら柄杓。
おそらく「ずぼら」という屋号の店が寄進したものだと思いますが、
微妙に使いたくないですよ。

68番札所「神恵院」&69番札所「観音寺」4t6gl4yw
同じ敷地に2つの札所があり、
1粒で2度おいしいリーズナブルなお寺。
敷地は広くなく、階段もほとんど無いので参拝しやすいです。


神恵院の本堂入り口。0g8lfgl0
コンクリート打ちっぱなしのとてもお寺とは思えない佇まい。
手前の小坊主さん立て看板も所在なさげ。

中もなんだか近代的。Z2mwvvkg
本堂そのものは割と普通なんですけどね。

観音寺の本堂。Ovwp0hdk
こちらはごくごく普通で一安心。

そしてここの水屋にも…。Fbnhuw0t




Uo1_mh6l
またずぼら柄杓が!文字もなんだかずぼらな感じ。
謎の組織「ずぼら」おそるべきです。


そんなこんなで5ヶ寺の参拝は完了。

各種お経を唱えた後、みんなで合掌をして一気に静かになると、
聞こえるのは遠くの蝉の鳴き声と軽やかな鈴の音だけ。
そこにさっと涼風が流れる瞬間は魂が震えます。

お遍路参りは日帰りバスツアーならそこそこの費用で簡単に参加できるので、
興味のある人はぜひ挑戦してみてください、それはもう楽しいですよ。

2006年7月23日 (日)

さらにお遍路(前編)ですよ。

2006年7月22日、お遍路に行ってきましたよ。
巡拝したのは66番札所「雲辺寺」から70番札所「本山寺」までの5ヶ寺です。K3earwxc
今回もバスツアーなので楽ちんですよ。

66番札所「雲辺寺」Opx7chuo
標高927mと四国八十八ケ所のお寺の中では最も高い所にあるので、
歩きで回ると難所の一つとなっています。

でも今回はロープウェーなので楽々です。Dlhmjdgz


10分ほどで一気に頂上へ。Txv6gl78
雲が海のよう。

前述のように歩きで登るとハードなお寺ですが、ロープウェーを使えば、
階段や坂もさほどではない上に本堂もすぐなので
足腰に自信がなくても楽に巡拝できます。4umqetl9
紫陽花がきれいです。

願いが叶う「おたのみなす」Hup6vkoc
この上に腰掛けて「おたのみなす」と唱えて願をかければ、
うまくいくかもしれないそうです。

そんなおもしろスポットがあるので絵馬もなすび型。Oseu5iny
馬要素が完全に無くなっているので、
「生きた馬の代用品として奉納する」
という絵馬本来のコンセプトはどっかに行っています。

雲辺寺の敷地は香川県と徳島県の県境にあるので、こんなものも。Ktyuvtbw
県境は国境ほどテンションが上がる物では無いので、
またがった写真を撮ってもらう人や、
無駄に行ったり来たリを繰り返す人はいませんでした。

変な椅子。Cufg74xb
座るともれなくお尻を撫でられます、いったい誰の手なのでしょう?

ふもとのロープウェー乗り場にあったマスコット。Mamo79l5
冬場はスキー場として機能するようで、熊はスキーゴーグルをかけています。

この熊はなにも問題無いのですが、もう一つあるマスコットが少し変。

0ddvm_a9
兎だと思うのですが、熊に比べてゴーグルの造型がものすごく雑なため、
兎に化け損ねた狸みたいになっています。

揉み手がまたうさんくさい。



写真が思ったより多くなったので1ヶ寺しか紹介していませんが今日はここまで、
続きはまた明日に…。

後編に続く。

2006年7月22日 (土)

トクシュブタイのロボット兵ですよ。

変なパーツと素敵なシールに隠れていて放置気味だった、
トクシュブタイのロボット兵でいろいろとやってみましたよ。

プロペラ付き。2zhjkytz
ロボット兵フィグはこれでなかなか無茶が利く事に今さら気付きました。

虫っぽいの。Ngudet4k
脇腹にクリップパーツを挟む事もできたのですね。

六本腕。Fmx9abzj
いろいろな所に部品が付くのは楽しいです。


他の画像はこちら(Brickshelf)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=195251
見られるようになるまで少しかかるので、それまではこちらで↓
http://www.brickshelf.com/gallery/sugegasa/Others/Robots/robots01.jpg 01〜08まで